カテゴリー別アーカイブ: 未分類

1人の尊敬する人物について

私にはもう1人尊敬している人物がいます。
間寛平さんです。
「アースマラソン」にチャレンジし、それを成し遂げる過程を拝見して
感銘を受けました。
イモトさんと同じような理由になるかもしれないけど、
「アースマラソン」の話を聞いたとき、絶対無理だと思いました。
でも、彼はそれを成し遂げました。
間寛平さんは、私が小さい頃からテレビに出ていて、
ギャグを見て笑ったり、東京進出や、アメマバッジのエピソードを聞いて
また笑ったり、とにかく、よく笑いを提供してくれる芸人さんでした。
でも、「アースマラソン」はとっぴすぎるし、寛平ちゃんだからこそ
失敗しても笑って許せる感じもしていました。
でも、彼は、最後まで諦めずに走り続けました。
かっこいいと思いました。
自分が運動が苦手なせいか、イモトさんも、寛平さんも、身体能力が
高そうなので、無いものを見て憧れているのかもしれません。
でも、無理と思われることをひたむきに挑戦し、成し遂げる姿はとても素晴らしいと思います。

私の子育て ハイハイ日記

この間に赤ちゃんは、ハイハイをしたり、早ければ歩き始めたりして
行動範囲がぐんと広がります。
なんでも触ったり、口に入れたりしてしまうので、
家の中の環境に気を使うようになりました。
引き出しはひっぱりだされる。扉はあけられるで、
赤ちゃんが手の届くところにあるものは、全てターゲットにされてしまい
ぜーんぶ出されてしまいます。
この頃「やられたー」と思ったことは、
米びつのお米を鍋に入れたり、つかんだりして床を米だらけにされたことでした。
また、せっかく引き出しにしまった衣類をぜーんぶ引っ張り出されたり
ティッシュの箱もやられました。1枚ずつ全部出してしまうんです。
引っ張っても引っ張っても次々出てくるのが面白いんでしょうね。
親からすると困った行動に見えるのですが、赤ちゃんは全て好奇心から動いていると思います。
自分が生きてる世界をまずは確かめてやろう!くらいの勢いで
すごく探索するので、そういう視線で温かく見守っていられれば良かったなと
今頃思い返したりします。

私の子育て 7ヶ月から1歳

行動範囲が広がると共に、後追いが始りました。
後追いというのは、お母さんの姿が見えなくなると泣いたり、
探して追いかけてくることです。
トイレの中までついてくるので、ほんの一瞬でも1人になる時間が
ありませんでした。
とはいえ、お昼寝はするので、その時間はのんびりできるのですが。
この時期に起こった事件といえば、ベランダ締め出され事件です。
うちのベランダの入り口は、ドアタイプで、ドアノブに鍵がついてました。
カチャッとひねればすぐに鍵がかかるタイプです。
洗濯物を干しに外に出ていたところ、娘がやってきて、
鍵をカチャっと閉めてしまいました。
偶然閉めただけなので、ドアが開かなくなったことすら分らず
当然開け方も分らないので、娘は中で泣くだけです。
私は、中に入れないのも焦りましたが、家の中に赤ちゃん1人、という
状況になってることに、もっと焦りました。
偶然近所の方が外を通りかかって、助けていただいたのですが、
本当にあの時はびっくりしました。
でも、私と同じような目に合った人も、他にいらっしゃるんじゃないでしょうか?